DOOVAのぷらもとか日記

プラモ製作記などをお知らせしています。更新がなかなかできてませんが…

ザク資料物色中

ザクのディティールをどう進めていこうかと、
過去の作例が載っている模型誌やイラスト等をあさりまくっています。
メインはもちろん、MAX渡辺作品集なんですが、他に
HJ2005年1月号のharry氏、
HJ2002年7月号F2ザクバリエーション、
HJ2000年6月号押切氏、
モデグラ1999年7月号高橋氏、
モデグラ1999年1月号哀原善行(仮名)、
この辺がお手本ですね。
harry氏のザクはMAX渡辺氏とは方向性は違うかもしれないですが、
漢のザクという意味では、共通するものがありそうな。
押切氏のザクは、細身のプロポーションは実は好きではないのですが、
PGを越える各関節の作り込みはNo.1だと思います。
現実味のあるディティールはやはり哀原氏のザクですね。
1/100で考えるとMAX渡辺氏の1/60版よりこちらの方がリアリティーがありそう。
あとモデグラ2000年1月号の哀原氏の模型としてMG(1/100)とどう向き合うかの考えが、
とても参考になりますね。
ボクも今回のザクでどこまで哀原氏の考えが盛り込めるかが勝負です。
ディティールの「意味性」、その箇所が装甲なのか、フレームなのか、スラスターなのかとか、
パネルラインをきちんと意識したスジボリとか…
そういった1/100の模型としてガンプラと向き合うのってなんか楽しいですね。
でも非常に難しそうですが…^^;
スポンサーサイト
  1. 2005/11/11(金) 00:35:21|
  2. プラモ雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<そろそろスジボリと思ったんですが… | ホーム | かっこいいポーズができたんで…>>

コメント

このザクだけは楽しみです。

こんにちはー、いいものになりそうですね。
実は最近ネットもご無沙汰ですが、このザクだけは楽しみです。
  1. 2005/11/12(土) 10:07:25 |
  2. URL |
  3. mat #-
  4. [ 編集]

どうもmatさん、お元気ですか^^
楽しみにしていただいているとは感激です。
頑張りますんで、いろいろアドバイスください。
あと、百鬼当日もできれば会場の方に見に来ていただきたいなぁと思います^^
では、また遊びに来てください。
  1. 2005/11/12(土) 18:10:55 |
  2. URL |
  3. DOOVA #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://doovablog.blog14.fc2.com/tb.php/96-5f849530
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)