DOOVAのぷらもとか日記

プラモ製作記などをお知らせしています。更新がなかなかできてませんが…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

toropenさんのザクいいっすよ~

toropenさんのザク、みなさん見ましたか~?
F2だけどF2じゃないF2ザク!
エッジとアールの組み合わせに独自のアレンジを盛り込み
オリジナルとは違うラインであるにもかかわらず
みごとに新しいF2ザクに仕上げてあると思います。
カラーリングも今までにみたことがないきつめのグリーンですが、
これまた、みごとにこのラインに合っている!
こうゆう作品ってセンスが良くないとできない技ですね。

ザクって不幸中の幸いというのか
ガンダムと違って完璧に近いキットがないので
モデラーの腕の見せ所をすごく出せるプラモだと思うんです。
以前、モデグラで横縞氏が1/100MGザクの徹底改修をした時の文章に
ものすごい衝撃を受けたのでまんま紹介しちゃいます。
かなり長いですが、読んだことない人は
「ほう」と思うはずなのでがんばって読んでみてください。



なぜ、いまさらザクなのか?
30歳代のガンプラモデラーにとってガンダムのみならず、
ザクは特別な存在ではないかと思う。
そもそも、ザク云々以前に『機動戦士ガンダム』という番組自体が特別だった。
我々の世代は、はじめから現在までリアルタイムに『ガンダム』と接してきており、
とくにブームとして盛り上がっていく前後の渇望感、期待感、
充実感などを多感な少年期に経験しているわけで、
『Zガンダム』以降にガンダムに接した世代とは
「ファーストガンダムという作品」に対する思い入れの度合いが異なる。

MSの話に戻そう。
ガンダム(RX-78)は主役メカだから当然かも知れないが、
はっきり言って「ヤラレメカ」のザクがなぜ自分たち(あえて“たち”と言いたい)
にとって特別なのか?
理由として、最初に現れた際のインパクトの強さ、
デザインがガンダムより記号的でわかりやすかった、
劇中においてMSの基本として演出されていた、
バリエーションが存在する等々が挙げられる。
まぁ、ともかく、多くの中年ガンダムファンにとって、
ザクはMS語る上での基本として位置づけられているのだ。

さて模型においてはどうだろう?
最初のガンダムはもとより、その後のシリーズのアイテム発売順序からして、
ビジネス的にもRX-78とザクが特別であるということはうかがい知れる。
メーカー、模型雑誌、モデラーで構成されたガンプラ環境のなかで、
RX-78はモデラーやメディアの「作る行為」、
「表現する行為」の積み重ねにより生じたソフト的な情報
(ガンプラブームのころの改造技術や定番工作、『センチネル』の「正解も求める姿勢」等)
と、それを活かした商品を次々発売するメーカーの相互関係により成長してきた。
そして、「求めた以上のハード」とも言えるPG(パーフェクトグレード)RX-78のキットが
メーカーから提示されるに至ったのだ。
では、同じ環境のなかでザクはRX-78と同様の進化をしてきたのだろうか?
誤解を恐れずいわせてもらえば、答えは「否」である。

RX-78のキットにおける優位性は、そのキャラクターによる要因があるだろう。
ストーリー上1機しか存在しない“ヒーローメカ”であるRX-78は、
ユーザーの求めるイメージが基本的に同じベクトルに向かって収斂してきたが、
敵方の量産機であることもあってか、
ザクはモデラー側のベクトル選択の自由度が大きく、
ノーマルなザクに対する情熱のベクトルが分散しがちだったのかもしれない。
そして、ユーザー側の情熱が需要として伝わらなければ、
メーカー側が情熱をかけた商品を提供することはできない。
結果的に、少なくとも両者に同等の思い入れをもつ我々オヤジ世代は
ザクの一連のキットにはRX-78ほどは納得ができていないのだ。

それはザクの持つキャラクターゆえに今後も変わることがないのかもしれない。
さらなるキットを求めるか否かはともかく、
ザクをRX-78と同等に昇華させるには
我々モデラーが「作ることで表現する」以外方法はないのだ。
つまり、「オヤジガンプラーを満足させるキットがない」
これがいまさらザクにこれだけ手をかけた理由だ。


モデルグラフィックス 2001年7月号抜粋





長くてすんません。
最近ガンダム作らずにジオン系ばっかり作る理由も
この文章にあるような気がしたんで。
スポンサーサイト
  1. 2006/09/23(土) 01:52:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<ククザク | ホーム | 昭和っぽく>>

コメント

宣伝感謝!!
ザクってほんと難しい機体だと思います。
これは78もしかりなんですが、僕はジオン系ではい1番難しい機体だと思っています。
いろんな解釈がされてきたので今更感はあるんですが、自分のイメージを形にする事が出来てよかったと思います。
またいずれザクは作ると思いますが、また違ったアレンジにしてみたいかな~
次作もがんばりますんで、また遊びにきてくださいね^^
でっは!
  1. 2006/09/23(土) 07:30:40 |
  2. URL |
  3. とろ #u4iln8sM
  4. [ 編集]

いい話ですね~。
ザクは未来永劫 模型雑誌等で いろいろな正解・・
(正解という表現はおかしいかな)・・が作られて
いくんだろ~な~。
以前DOOVAさんがグフの作画の数々w?をアップ
されてましたけど あのアップの中のひとつが自分の中のグフだ!
と思うかたも当然居ると思いますし(さすがに肩のスパイク曲がった
ヘナチョコグフはないと思いますけどw)
ゲルググ同様 当時の作画のみだれが
いい意味で 今のこの状態を作ってるのではないでしょうか。
 ↑        ↑        ↑        ↑
言われるまでもなく わかってる!と言われそw^^;

※ククルスドアンのザクって激痩せしてませんでしたっけ(・・?
 ハングリーっぽさを出したかったのかなw
  1. 2006/09/23(土) 09:55:52 |
  2. URL |
  3. ヒッポ #-
  4. [ 編集]

>toropenさん
ザクって難しいけど、きちんと作るとガンダム以上に個性が出て面白い機体だと思いますね。
F2はカトキ氏が最初に描いた胸が角張っているタイプが好きなんで、
ボクもいつか挑戦してみたいですね。

>ヒッポさん
なかなか面白いお話しですよね。
最近は、ガンダム等ある程度正解らしき立体物が固まりつつある中で、
ジオンMSだけは、人それぞれの思い入れが強いんで
作り込めば込むほど、みなさんの個性が出て面白いですね。

ククルス・ドアンのザクはある意味すごく好きですよw
なんかわかんないけど、オーラを感じますwww
  1. 2006/09/24(日) 00:08:20 |
  2. URL |
  3. DOOVA #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://doovablog.blog14.fc2.com/tb.php/204-463b24a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。