明日はHME

明日・明後日はHMEという北海道最大級の模型イベントが開催されます。
POOHさん、無節操さん、ジョンソンさんをはじめ、
北海道のモデラーさんが多数参加されるようで超楽しみ♪
明日土曜日に行こうと思ってます。
行かれる方、会場で青いライダース見かけたら、たぶんボクなので
気軽に声かけてくださいね。


ザクは、脚を大幅に改修中。
太ももを左右で3mm幅増しして、スネは縦で1.5mm短縮&全体をポリパテで丸さの強調。
今日もポリパテの粉まみれになっていますw
スポンサーサイト

前腕

今日は前腕の内側パーツをいじりました。
自分で言うのもなんなんですが、設定画にかなり近くなったのでアップw

ザク前腕1


肘側で5mm、手首側で1mm延長してポリパテ持って形状変更。
HGUCは丸っこい形なんですが、今回は四角まではいかない程度に面を意識してみました。

こんな感じで後ハメできるように加工したので楽に作業できました。
ザク前腕2



最近ポリパテばっかり、
半乾き状態はカッターでさくさく削れるし、完全硬化も早いんで作業が早い。
ザクだけでデカいチューブ1本使っちゃいましたw
でも劣化するらしいんですよね。
どのくらい保つのかな?

MGクロボン

発売したようですね。
作りたい~けど、今は買っても作る時間ないしなぁw
マントはどんなんなってるんだろ?
ヤフオク最速モデラーは明日か明後日には出品するかなw
とりあえずそれを見て満足しよw

今日も06Eの頭部をちまちまと・・・
ザクヘッド


鼻(動力パイプが通っているところ)は最初3mmプラパイプにしたんですが、
2.5mmのスプリングパイプが通らなかったので、どうしようかなぁと思っていたら、
机の上に偶然、切り飛ばした旧キットのダボを発見。
成形色もいっしょでジャストフィット!
こんなこともあるんですねw
動力パイプはやはり大河原版のMSVっちゅうことでスプリングのままでしょ~w
王道は糸ハンダぐるぐる巻きなんでしょうが、
現在はスプリングパイプという便利なグッズが出てるので楽なほうでいきますw
パイプの微妙な垂れ具合はもうちょっと検討しなきゃならないっすね。
あと06Eの特徴である頭頂部のでっぱりをプラ板で作ったらとりあえずヘルメットは基本的に完成かな。

NETよりプラモになってて

最近ネット開く時間が夜中のちょっとだけなんで
ブログ更新やコメントの返信も遅くなってしまってすんません。

ということで、微妙にタイミングを逃してしまいましたが、
nishiさんのジムに劇感動!!
ページの最後に書かれている
「決してカッコよくない、ダサカッコよさがGMの良さだと思います。」
をみごとに達成できているからこそ、このカッコ良さを作り上げられたんだなぁと思います。
ボクも意外に陥りやすいんですが、
カッコよくしよう意識するあまり、必要以上のアレンジや、
過剰なディティールを加えると
逆にすごくカッコ悪いものになってしまったりするんですよね。
人で言えば、髪形やファッションに異常にこわだってしまうと
はたから見て、キモ~と思われてしまうような感じかな…
「カッコいい」と「キモ~」のボーダーラインをいかに見極めるかは
センスなんですが、これがなかなか難しいんですよね。
なんかすごく勉強になった作品を見ることができて
また一段とモチベーション上がっちゃいました。

今日はザクの頭部の改修。
06Eの頭ってみやみに裏打ちできない構造なんで
プラ厚ギリギリまで削り込んでできる限り小さくしました。
口まわりは設定画を見ながら微妙なアールを再現。
ここは微妙なさじ加減で表情がガラッと変わるんでかなり苦労しています。

月曜日の週末

昨日ちょっと休憩のつもり7時頃横になったら、朝になってしまった・・・
なので予定していたザクの途中経過状況を今日お伝えします。

今日作業してたら、いつかやるだろうなぁ~と思っていた股関節軸をついにポキっと・・・
なので関節機構をザクの肩から移植することに変更。
そのため脚の長さはいまいち定まらない状態ですが、こんな感じです。
ザク途中1


胸は最初旧キットを使用してたんですが、調整するのに手こずったので新規で作り直しました。
前腕も肘関節の丸い箇所がイマイチだったので作り直しています。
手も前回紹介時より形状変更している途中ですが、もうちょっと小さくする予定。
フンドシも途中・・・
結局まだ一カ所も決定している部分がない状態です(汗

股関節軸は3mm真鍮線に切り替え、HGザクの肩を使用。
これにより脚が回転するのでハの字が余裕でできるようになりました。

ザク途中2



脚は旧キット使用なんですが、
HGザクの関節部をこんな感じで強引に仕込んでいます。
ザク途中4

ザク途中3




作業場、ポリパテの粉まみれになってますw

ククザク

ヒッポさんからのコメントでククルス・ドアンのザクのお話しが出て来たので
今日改めて見ましたが、やはりスゴいwww
ククザク1

ククザク2

一応書いておきますが、縦横比の変倍はしてないですよw
なんと言ったらいいんでしょうかね~w
でもなぜか憎めないんだよなぁw
ククザク3

鼻の下長過ぎだろ・・・


ククザク4

ホントスマートねw


ククザク5

走ってる・・・www


ククザク6

角刈りっぽくない?


こうやって見てみるとあえてこれを作ってみたくなるのはボクだけかな・・・
一瞬、こういったちょっと問題ありの絵を立体化するコンペなんて企画したら面白いかもって思っちゃいましたw
このザクみたいのをマジメに立体化する・・・・
今日は一人で脳内コンペを開いてニヤニヤしていた1日でしたw
明日はザク偵察型の途中経過アップしますよ♪

あとおまけでガンダムの面白い顔です・・・
ククザク7

toropenさんのザクいいっすよ~

toropenさんのザク、みなさん見ましたか~?
F2だけどF2じゃないF2ザク!
エッジとアールの組み合わせに独自のアレンジを盛り込み
オリジナルとは違うラインであるにもかかわらず
みごとに新しいF2ザクに仕上げてあると思います。
カラーリングも今までにみたことがないきつめのグリーンですが、
これまた、みごとにこのラインに合っている!
こうゆう作品ってセンスが良くないとできない技ですね。

ザクって不幸中の幸いというのか
ガンダムと違って完璧に近いキットがないので
モデラーの腕の見せ所をすごく出せるプラモだと思うんです。
以前、モデグラで横縞氏が1/100MGザクの徹底改修をした時の文章に
ものすごい衝撃を受けたのでまんま紹介しちゃいます。
かなり長いですが、読んだことない人は
「ほう」と思うはずなのでがんばって読んでみてください。



なぜ、いまさらザクなのか?
30歳代のガンプラモデラーにとってガンダムのみならず、
ザクは特別な存在ではないかと思う。
そもそも、ザク云々以前に『機動戦士ガンダム』という番組自体が特別だった。
我々の世代は、はじめから現在までリアルタイムに『ガンダム』と接してきており、
とくにブームとして盛り上がっていく前後の渇望感、期待感、
充実感などを多感な少年期に経験しているわけで、
『Zガンダム』以降にガンダムに接した世代とは
「ファーストガンダムという作品」に対する思い入れの度合いが異なる。

MSの話に戻そう。
ガンダム(RX-78)は主役メカだから当然かも知れないが、
はっきり言って「ヤラレメカ」のザクがなぜ自分たち(あえて“たち”と言いたい)
にとって特別なのか?
理由として、最初に現れた際のインパクトの強さ、
デザインがガンダムより記号的でわかりやすかった、
劇中においてMSの基本として演出されていた、
バリエーションが存在する等々が挙げられる。
まぁ、ともかく、多くの中年ガンダムファンにとって、
ザクはMS語る上での基本として位置づけられているのだ。

さて模型においてはどうだろう?
最初のガンダムはもとより、その後のシリーズのアイテム発売順序からして、
ビジネス的にもRX-78とザクが特別であるということはうかがい知れる。
メーカー、模型雑誌、モデラーで構成されたガンプラ環境のなかで、
RX-78はモデラーやメディアの「作る行為」、
「表現する行為」の積み重ねにより生じたソフト的な情報
(ガンプラブームのころの改造技術や定番工作、『センチネル』の「正解も求める姿勢」等)
と、それを活かした商品を次々発売するメーカーの相互関係により成長してきた。
そして、「求めた以上のハード」とも言えるPG(パーフェクトグレード)RX-78のキットが
メーカーから提示されるに至ったのだ。
では、同じ環境のなかでザクはRX-78と同様の進化をしてきたのだろうか?
誤解を恐れずいわせてもらえば、答えは「否」である。

RX-78のキットにおける優位性は、そのキャラクターによる要因があるだろう。
ストーリー上1機しか存在しない“ヒーローメカ”であるRX-78は、
ユーザーの求めるイメージが基本的に同じベクトルに向かって収斂してきたが、
敵方の量産機であることもあってか、
ザクはモデラー側のベクトル選択の自由度が大きく、
ノーマルなザクに対する情熱のベクトルが分散しがちだったのかもしれない。
そして、ユーザー側の情熱が需要として伝わらなければ、
メーカー側が情熱をかけた商品を提供することはできない。
結果的に、少なくとも両者に同等の思い入れをもつ我々オヤジ世代は
ザクの一連のキットにはRX-78ほどは納得ができていないのだ。

それはザクの持つキャラクターゆえに今後も変わることがないのかもしれない。
さらなるキットを求めるか否かはともかく、
ザクをRX-78と同等に昇華させるには
我々モデラーが「作ることで表現する」以外方法はないのだ。
つまり、「オヤジガンプラーを満足させるキットがない」
これがいまさらザクにこれだけ手をかけた理由だ。


モデルグラフィックス 2001年7月号抜粋





長くてすんません。
最近ガンダム作らずにジオン系ばっかり作る理由も
この文章にあるような気がしたんで。

昭和っぽく

n兄さんに昭和っぽくとアドバイスもらったのが、妙に気に入っちゃって
大河原設定の完璧版をめざして俄然燃えちゃってますw
ボクの好きなクレイジーケンバンドも昭和歌謡ロックだし
昭和ってなんか好きかもw
二の腕は最初、最近お得意のオヤジ体系っぽくしようと
あまり考えずにプラ板で囲って太くしたんですが、
設定画だとけっこう細いんですよね。
削って細く戻そうとしたんですが、同じ太さで両腕分揃えるのがけっこう手間だったんで、
けっきょくもう1体ザク買ってきてしまいましたw
現在は全身ポリパテとプラ板で原型がだいぶなくなっていますw
週末にアップする画像はかなり変化してると思いますよ~

そうそう、アルテコが古くなったのかポリパテよりも固まるのが遅い・・・
さらに固まっても削るとすんげぇスカスカw
爪でも削れるって感じですw

名付けて“ODM”

せっかくザク用のハイマニを用意したけどイメージより小さすぎたので、やっぱりキットのものを使用。
でも、そのままだと穴が空いてて間抜けな感じなのでポリパテで埋めてディティールアップ。
どうせやるんだったら、設定画のような手にしようと彫刻刀でボリボリと・・・
まだ途中ですが、こんな感じっす。
ODM


親指の付け根あたりがそれっぽくなって来たと思いません?
手をつくるのって中学生時の美術の授業以来なんですが、やってみるとけっこう面白いw
大河原版の手なので、ハイディティールマニピュレーターをもじって
“大河原ディティールマニピュレーター”略してODMまたは、オーマニを名付けましたw

そうそう、今日テレフォンショッピングでダイヤモンド・グラインダーという
小型の包丁研ぎ機の宣伝やって欲しい!と思ってしまいました。
これがあれば、彫刻刀はもちろん、精密ドライバーをノミに改良するのも楽勝だし、
プラパイプのC面も出来そうw
13800円だったんだけど買いかな?
どなたか、こういうの使っている方いますかね~

やっと復活っすね♪

ひろきちさん復活~♪
ボクの復帰と入れ違いで更新が止まっていたんで心配してたんですが、
よかったよかった^^

ザクは、肩をもう少し上げたいなぁと思っていたら
タイミング良くギョさんのブログで良い方法を発見!
早速パクらさせていただきましたw
なんか直感だけの行き当たりばったりで作業してるので
いろいろな素材が交錯しあってかなりドロドロ状態になってるなぁ(汗
keitaさんが現在製作中のフリーダム見てると
きちんと計画立ててやってるから
途中経過も超キレイですよね。
って言うか凄い人たちの作品は作業途中もキレイに作っていますね!
ザクは今更なんで力技で作るしかないけど
ドムは途中経過もキレイめに作りま~すw

最近ちょっと金欠気味・・・
パチ組みがいっぱいあるから
派手にグラデーションをかけましたで出品しようかなぁw

カワラ立ち

テンプレを元に戻しました。
ダウンロードし直したらカウンター付いたし、
デザインもこのほうがシンプルで好きなんでw

ザクはまだ全然中途半端な状態なんで、あまり見せられるものではないんですが、
インストに載っている設定画のポーズをさせてみました。
カワラ立ち1


カワラ立ち2


カトキ立ちならぬカワラ立ちですw
カトキ立ちと逆で脚はあまり開かないようにして、右足を少し後ろ気味にするのがコツ?

こうやって見ると頭があまりにもデカイっすね~
少し小さくしないとダメそうですねw
足も2.5mmプラ板噛ませて大きくしたんですが、もっとデカイほうがよさそうですね。
手はわざわハイマニ買ったんですが、キットのものより小さくて
自分が目指す完成形にはバランスが悪んで、キット改修で行こうと思ってます。
一週間以内には大まかな作業は終わらせてきちんとしたのをアップしたいなぁ

今日は写真ナシです・・・

マイボス・マイヒーローも終わっちゃってお楽しみの番組は
純情きらりだけになってしまったな~w
そうそう北海道ってチンパンニュースチャンネルやってないんすよw
小学生レベルのくだらなさが最高に好きだったんだけどなぁ

プラモ途中経過アップしようと思ってたんですが、
プラ板貼りっぱとかパテ盛りっぱなしの状態なんで今日はパスです。
ザクの太腿デカくしたら他もいじらないとバランスとれなくなってしまって・・・
サクッと作るつもりが、けっこう大掛かりになってきたかもw

そうそう数日前からテンプレ変えてアクセスカウンター設置しました。
理由はアクセスカウンターを前々からつけようと思っていたんですが、
この前まで使ってたテンプレが、なんかアクセスカウンターに対応してないらしく
渋々テンプレデザインを変更しました。
3段構成なので見易いですが、黒がキツいかなぁって感じがします。

で、気づいたことが・・・
メインサイトよりブログの方が1日のアクセス数が多いんですねw
いやいやこんなに多くの方に見ていただいていたとは!
もっときちんとした日記にしなければ・・・
と思いながらも今日の日記も全然内容が無い・・・・(汗

最近のコダワリ

harry氏のゲルググ見てからジオンMSの足は絶対旧キット!
というコダワリができてしまいました。
前回のグフからやっているんですが、今回のザクも旧キット使用です。
ザクの足1

好みは人それぞれですが、ボクはHGUCのつま先トンガリ足より旧キットの程よくポッテリしていて
なおかつ左右対称のカタチがよりジオンMSらしいと思うんです。
ドムはMGでも左右対象のつくりなので少しの改修で済みそうですが、
ザク、グフ、ゲルググの足は今後作る時も旧キットを使用するでしょう。
まぁザクF2とグフカスはカトキデザインがオリジナルなので旧キットは使用しませんけどw
なので、最近足だけのために旧キットのストックを増やしていますw

でもジオノグラフィーの足も意外と良いカタチしてるんですよ。
ザクの足2

HGUCの足が手元にないんで比較写真を載せられないんですが、
似てるようでけっこう違うんです。



ザクの太腿を太くしたんですが、スカートがぜんぜん付かなくなってしまった・・・(汗
明日またアップします。

ドムは股間まわりを改修中。
PGフレームは安定感が違いますね~w

え~と・・・・HGです

昨日突然始めたザク強行偵察型ですが、

ザク強行偵察型0913


こんな感じのお手軽ミキシングですw
旧キットも関節をちょっといじるだけで意外と良く見えるもんですねw
脚は、HGザクの関節をバキバキ割って強引に旧キットに埋め込んでますが、
その他は基本HGで、外装に旧キットを被せる方法でやっています。
旧キットのままだと脚がかなり短いんで、太腿で5mm延長してみました。
頭がHGザクと比べてかなりデカイ(MGザクF2くらいある)ですが、
大河原版ということで良しとしましょうw
腕を太くしたり、スカートの調整、頭部の作り込み等ありますが、
それほどかからず完成しそうな感じです。
頭部のカメラ基部は、100円ライターとかその辺にあるものでデッチあげようかと思っています。
あんましお金かけないつもりだったけど、ハイマニ買っちゃいましたw

今日はドムをお休みして・・・

同じのばっかりやってると行き詰って逆に進行が遅れたり、
どんどん明後日の方向に行きがちなので、
気分転換に別のをやっていました。
というか、toropenさんとかりりももさんとかZIGGYさんとかギョさんとかとか・・・
あと、学屋さんのザクキャノンとディザートザク!!
1/144ザクベースの作品見てたら無性にやりたくなっちゃって、
押入れから、HGUCザクIIと強行偵察型ザクを引っ張り出して来て
ちまちまとミキシング・・・
なんか妙にノッチャッテ時間を忘れて作業してましたw
1/144というスケールってMGと違ってフレームがないから
ストレスなしでガシガシ作業ができる♪
短時間でおおまかな作業が終了しちゃいましたwww
可動はあまり考えず、素立ちメインですが、
近々アップしちゃいますね^^

明日はドムかな?

なかなか進まんなぁ

昨日も今日もドムの頭部のかなり細かい作業に入ってるんだけど、かなり時間かかりそうだなぁ
煮詰まってきたら、肩を大きくしたり、腕を太くしたりとか他の箇所を弄って
少しでも効率良くと思っているんだけど、やっぱりキモの頭が決まらないと
なんかモヤモヤして作業が進まんのよね・・・
気づいたら、肩アーマーのほうが先に出来てる…w

頭部はこんな感じで進めてます。

まだ決定版にはほど遠いんですが、こんな感じです。


設定画と比べるとどうでしょうか?



まだ、ザクザクのボロボロですが雰囲気は大河原版に近づいてきたんではないかと思います。
MGと比較するとこんな感じ。





MGより一回りくらい大きくなっています。
モノアイの周りの赤い部分の形状は、もうちょっと見直していきますが、
ここって、ちょっと削っただけで表情ががらっと変わるんで難しいですねw


単純なカタチほど難しいのをかなり実感しました。
カッコイイMGのヘッドを随分ダサクしてしまったな・・・・

WORKSページはまだ未着手なんで、明日作ってアップします。
まぁ今日のブログと同じような内容ですが・・・w

やっと出口を発見

事後報告ですが、当ブログのリンクに
日ごろお世話になってる方々のブログリンクを貼らせていただきました。
勝手にやっちゃったんで、「なに勝手にリンク貼ってるんだ!」という方は連絡ください。
すぐ削除しますんで。

ドムの頭部やっとカタチが見えてきました。
プラ板貼ったり、アルテコ盛ったり、プリパテ盛ったりと
かなり汚くなってしまいましたが、やっと設定画に近づきましたよ。
明日、本サイトのWORKSページといっしょにアップします。

昨日ちらっと哀原氏のドムについて書いたんですが、
今日もふと思ったことがあったのでもうちょっと。
うまく書けないと思いますが、ニュアンスだけでも分かってほしいな・・・
ボクはサイトを立ち上げてから何体か完成品を作ってきたわけなんですが、
ボクが作ってきたものはプラモデルだったのかなぁと・・・
最近の“ガンプラ”って、“プラモデル”とは実は違う
“ガンプラ”という存在であって、
最近作った徹底改修グフもその域を超えていないです。
でも、哀原氏は“プラモデル”として“ガンプラ”を作っていると思いました。
この考え方の違いが、作品に大きな差が生まれてくると思います。
だから氏の作品はたとえ大幅な改修をしていなくても、異様なオーラを放っているんです。
今回のドムでどこまで達成できるか分かりませんが、
できる限り挑戦してみます。

う~ん・・・やはりうまく書けないけど、少しは伝わりましたかね・・・
これは、かな~り深い議題だと思います。

Maさん、ありがとうございま~す^^

今日は、Maさんに教えていただいたプラモ屋へ行ってきました~
品揃えは、吉祥寺のWAVE Be-Jショップと
秋葉原ラジオ会館のイエサブのスケールモデル専門店を足した感じ。
という東京でもなかなか無いほどの大型店で大満足♪
さらに本屋さんもくっついていて、こちらはモデグラ等のバックナンバーがかなり充実してるし♪
Maさんに大感謝です!
さっそく各種マテリアルとモデグラのバックナンバーを購入しました。
モデグラのバックナンバーは、
哀原善行(仮名)氏のMGドムとリック・ドムが載っている号を買ったんですが、
ちょっとヤバかったですね~
プロポーションはほとんどイジってないんですが、ディティールがスゴ杉!!
かなり影響されちゃいそうですw
哀原氏の作品って、プロポーション変えずにキットのままの作品が多いんですが、
下手に改修してある作品より全然カッコいいんですよね~
MAX渡辺氏のドムもharry氏のドムも好きだけど
哀原氏のドムは、なんて言うのか、もの凄いオーラを感じました。
いや~モチベーション上がりまくり!

旧キット再販の季節がきましたね

下北サンデーズけっこう好きだったんですが、
視聴率が良くなかったらしく、早々に最終回でしたね。
数年前、スズナリの向かいのお店で毎週朝まで飲み会してたんで
すんごい懐かしいなぁって感じで観てました。
その頃は酒代だけで1ヶ月20万くらい使ってたんで、ほんとバカでしたね~


今月旧キットがけっこう再販されるようで、
1/144の旧ザクとゾック、1/100旧ザクか量産ザクくらいはゲットしておこうかな?
去年の再販の時もかなり買ったんですが、ほとんど作ってないけど、
旧キットの箱って見てるだけで楽しくなっちゃうんですよね~
子どもの頃は、お店でもガンプラは特別扱いで入荷しても商品棚には積まれず、
レジの後ろに置いてあっていつも箱の横しか見えてなかったなぁw
で、小遣い持ってないときに限ってレア物が入荷してるw
自分は買えないけど、友達に教えてあげようとチャリでダッシュ!
「ゾック売ってる!ゾック売ってる!」
興奮しながら二人でプラモ屋へ再度ダッシュ!
しか~し、着いたときにはすでに完売・・・
そのあと、どんな箱絵だったかを友達に教えてあげて・・・
懐かしいなぁ、旧キットの箱見ると当時の思い出がいろいろ浮かんできますね。


ドムは、依然頭部の形状出しに苦戦中。
まだ出口が見えないなぁ・・・

迷路に入っちゃったかも

ドムの頭部が決まらない・・・
盛った削った、盛った削ったの繰り返しで元キットの面影全くなし、
しかも元よりカッチョ悪~orz
なんか迷路に入っちゃいましたね・・・
冷静になってもう一回リテイク。
なんとか見せられるようになったら明日アップ。

フレームはPGストライクで

久々にアラエボやったら、なんと1000円で超高確!
ラッキーと思ったらレジ2連で終了・・・・orz
南国育ちでは「必殺」と呼ばれている最悪パターンをアラエボの超高確でやってしまうとは、
引きが良いんだか悪いんだか・・・
まぁ北斗レインボーで単発よりはショックが少ないかもw

ドムは頭部の形状変更するのに、盛り削りを繰り返しております。
エポパテの硬化待ち中に内部フレームどうしようかな~と検討しておりまして、
MGギャン使うかな~とかMGアッガイも面白いかもと思いましたが、
ダイナミックなポーズをガッシリと安定させたいので
豪華にPGストライクガンダムを使用しちゃいます。
下半身はharry氏作例を参考に、上半身はビガさんのドムを参考にさせていただきます。
肘関節もどうにかしたいんですが、いつものMGザクII移植だと保持力が無さ過ぎなんで考えないと…

頭部は今週中にはなんとかアップできるようにしたいっす。

改修プラン検討中

MGドムを仮組みして設定画と色々見比べ、改修プランを立ててたんですが、
はっきり言って、似て非なるものでした・・・
MGガンダムVer.Kaをレックレス版にするくらいと言ったら分かり易いかな?

アニメはほとんど参考にならない、というかデッサン狂いまくりですw
少しまともなのはこれかな?

初めてテレビに登場したシーンです。脚を異様に短いですが、まともなほうですw



頭のアップですが、なんか微妙w




そうそう、子供のころ見てて「あれ~?」と思っていた映像を再確認できたので紹介。
Gアーマーからガンダムが外されるシーンなんですが、最初のシーンはこれ




で、これが次のシーン。



あお向けだったはずが、なぜかうつ伏せに・・・?



どなたか知っている方、これはどうなっているのか教えてくださいw

まずは敵を知ろうということで

ドムの資料として、ガンダムタクトファイルとアニメDVDを用意しました。
タクトファイル見たんですが、後ろ姿の設定画が載ってない!
横はあるんですが、後ろがないとスカートやふくらはぎの当時の設定がわかんないっす!
どなたか後ろの設定画がのっている資料があったら教えてくらさいm(_ _)m
なにかお礼しますんで!
あと、DVD見たんですが、黒い三連星の話って2話しかなかったんですね。
ドムってかなり印象深かったんで、4~5話くらいあったのかな?と思っていたんですが
意外にすぐ終わっちゃってたんですねw
で、劇中のドムなんですが、グフ以上の適当っぷりにビックリw
まず1話目はデブ系だけど2話目は意外にスリムw
ちゅ~かねぇ、アニメはまったく参考にならんかったです。
大河原氏のアニメ設定画メインで進めていきますわw
そういえば、オルテガハンマーでマチルダさんが吹っ飛んでくシーンって
映画版の新規描き起こしだったんですね。忘れてたw
あと、“風にひとりで”も流れないのでひとりで歌っていましたww
♪何故泣くのです?風が痛いから・・・
  何故悔しがる?懺悔もないのに~

明日は、なんか画像載せますね~

急展開で度無~!怒武!土夢!ドム!!

久々に依頼があり、MGドムを製作することに。
ボクが作ったザク、グフのイメージで大河原テイストとのことです。
そのうちに~なんて思ってたらこんなに早く作る機会が来るとはw
MGドムって中途半端に出来が良いから意外に難しそうですね。
ザク、グフ、ゲルググみたく全く違うプロポーションの方が逆にやり易いっすw
一応設定画見て主な特徴を挙げてみたんですが、


まあ全体的に丸っこくして、上半身大きめで作れば良いのかなぁ
あと、アニメのドムって四肢が妙に短く見えたような・・・
そのへんも上手く再現出来ればなぁ~と。
部屋の資料色々探したけど、ドムが載ってるのってあんまり持ってなかった~
これからググって画像探さなきゃ!